企業が副業を禁止する理由とは

オシャレカフェで仕事をしよう
ココ数年で副業している方は右肩上がり。
しかし、企業の約20~30%は副業を禁止しているため、会社で内緒にお仕事をしている人がほとんどなんです。

会社が副業を禁止する理由の1つに、「社員の労働時間を増やし効率を下げたくない」「情報漏洩を避けたい」などが挙げられています。

しかし、実際は

・優秀な人材の流出を防ぎたい
・雇用主に最大に尽くすべき

などの理由があるのも事実なのです。

確かに、副業により本業に支障がきたしては元も子もありません。さらに、優秀な社員が副業の方が軌道にのってしまったと転職されても、困ってしまうのが本音なようです。また、ほかにも公務員やサラリーマンでも働ける環境に大きな違いがあります。

副業は公務員とサラリーマンで全然違う!

基本的に憲法では、会社員であれば、条件付きで副業を保証しています。
しかし、公務員に関しては明確にしてはいけないと明記されているのです。

また、会社員でも会社が全面的にOKを出しているのはほとんどありません。許可制か条件付きであることも多いため、内緒で副業をやっているという方が多いのが現状のようです。

そのため、人気の副業といえば株や投資、クラウドワークスなどネットを介してできるお仕事です。これなら、働いている姿を誰にも見られることなく、休日やお仕事の合間にできちゃいます。しかし、株や投資では大きなお金を動かすため、逆に資産がマイナスになってしまったと借金を抱えるケースも多く、慎重になる必要があります。

また、ネット副業も運営会社をしっかりしないと、「騙されてしまった」という事も否定できないのです。とはいえ、ココ数年は優良会社が多いため、気になるお仕事が見つかれば、口コミやランキング評価などをしっかりチェックして、登録すれば◎